北朝鮮が、深刻な少子化に悩んでいる。国連経済社会局(UNDESA)が7月29日に発表した「世界人口展望2015年度版」よると、北朝鮮の人口は現在2520万人で当面の間は増加を続けるが、遠からず減少に転じると予想されている。

少子化が進めば国力の低下につながることは間違いなく、金正恩第1書記が目指す「軍事強国」も「経済強国」も達成は困難になるだろう。もしかすると、正恩氏が年初に掲げた謎のスローガン「わが国をキノコの国にしよう」ぐらいは、可能かもしれないが…。

北朝鮮の少子化の大きな原因のひとつに、慢性的な経済難で子育てが難しいことがあり、女性たちの間では「出産拒否」の傾向が強まっている。

そして遂に、正恩氏は「避妊と中絶を禁止する」との指示を下した。北朝鮮の内部情報筋によると、つい最近開かれた保健関係の会議で「避妊と中絶を禁止する。指示に背けば懲役3年の刑に処す」との指示が伝えられたという。

指示の具体的な規定は公表されていないことから、もしかすると一般庶民の間で広がる、「ある行為」に対する警告の意味合いが強いのかもしれない。そのある行為とは「ヤミの中絶手術」だ。

医療が崩壊状態にある北朝鮮では、以前から産婦人科医が個人宅に出向いて行われる「ヤミの中絶手術」横行していたが、学費や小遣い稼ぎのため、夏休みや冬休みに入ると、大学の課題そっちのけで中絶手術のバイトに勤しむ医大生達が増えている。

さらに、市場ではこれも違法である中国から輸入された妊娠検査薬が、爆発的に売れている。こうして女性たちが避妊と妊娠、そして出産と中絶を自由に選択することは北朝鮮当局にとっては非常に都合が悪いだろう。

しかし、繰り返すが北朝鮮の女性が妊娠・出産を避けるのは、その環境が整っていないからであり、女性が市場で商売をして、家計を支えざるをえない経済構造がもたらしたものだ。

金正恩氏が、本気で少子化対策に取り組みたいのなら、児童保育施設を訪れてタバコを指に挟みながら「空の星でも掴んできた気持ち」「ハイカラな児童宮殿にうっとりする」などとポエムのような感想を述べながら、出産・子育てに上っ面の配慮を見せている場合ではない。

北朝鮮が自画自賛するも既に破綻している「我々式社会主義経済」を根本的に見直し、改革・開放を進めるべきだろう。そうしてこそ、北朝鮮の女性たちが安心して出産し、子育てできる国になるというものだ。

高英起(コウ・ヨンギ)

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記

    関連記事