人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

金正恩氏は、今後もインターネットや情報流入に苛立つ日々を送らなければならない。なぜなら、北朝鮮国内に流入するこうしたコンテンツのほとんどは、どこかの段階で何らかの形でインターネットを媒介として拡散されているからだ。

北朝鮮では、いまだに一般庶民たちがインターネットにアクセスすることは不可能だ。それにもかかわらず、これだけ拡散しているということは、仮にインターネットが解放されれば、様々なコンテンツが核爆発級に拡散するだろう。

    関連記事