北朝鮮で、ある母親が当局の息子に対する理不尽な扱いに耐えかねて、立ち上がったと米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

両江道(リャンガンド)恵山(ヘサン)市淵豊洞(ヨンプンドン)36班に住む50代半ばのカン(仮名)さんは、夫と死別し、10年の兵役を終えて間もない息子(31歳)と二人で暮らしていた。

息子が結婚することになり、結婚資金を作るために山羊と犬を中国に密輸しようとしたが、摘発される。見せしめとして3年の懲役刑が言い渡され、昨年3月に平安南道(ピョンアンナムド)の成川(ソンチョン)にある教化所(刑務所)に収監された。

今年8月15日、北朝鮮当局は光復(日本の植民地支配からの解放)70周年の日に合わせて、全国の教化所の受刑者に対して1回目の恩赦を実施したことから、カンさんは息子の帰りをひたすら待っていた。

    関連記事