人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

例えば、人民のために熱心に働いていたある幹部が、その人望に妬んだ別の幹部に嵌められて閑職に追いやられた。それを中央党の信訴科に手紙で訴えたところ、調査が行われ疑いが晴れ無事復職できたケースもある。世界的に見ても、最悪と言われる人権後進国の北朝鮮だが、こうした救済措置もあるのだ。

金日成氏は生前、信訴科に届いた手紙に必ず目を通し、指示を下すほど「信訴」は重要視されていたが、金正日政権に入ってからはその機能が低下したと言われている。

こうしたことから、地元住民もカンさんの直訴の行方に注目しており、大きな話題になっている。

現地の情報筋によると、住民からは今回の件をきっかけに、当局の処刑者、獄死者の遺体の扱い方について不満の声が上がり、「遺体を返すべきだ」という声が高まっている。

北朝鮮では、公開処刑や獄死した場合、当人の遺体は遺族に返されないのが長年の慣行だった。遺骨を返してもらえず、きちんと葬ることが許されないことで、遺族の苦しみはいっそう重いものになっている。

    関連記事