北朝鮮当局が、住民の間で「効果がある」と好評だった「シラミ取り石鹸」の使用を全面禁止したと米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。理由は、石鹸に人体に有害な中国製の殺虫剤が入っているからだという。

北朝鮮の学校、軍隊、建設現場などでは、シラミや南京虫(トコジラミ)の発生が後を絶たない。中でも、服に付くコロモジラミや人の頭に付くアタマジラミにより、冬季を中心に発疹チフスが流行している。

これらの病気は、日本では太平洋戦争中に大流行したが、1957年を最後に発生は報告されていない。致死率は年齢によって異なるが、10%から40%に達する恐ろしい病気だ。

シラミに対抗するため、昨年末頃から、市場で「シラミ取り石鹸」が売られるようになった。石鹸の効果は抜群で、兵士、建設現場の突撃隊員、託児所、幼稚園などで大人気となった。ところが最近になって、この石鹸の使用が突然禁止された。