北朝鮮の首都・平壌では時折、珍しい光景に出くわすことが出来る。日本の中古バスが市内を走り、市民達が利用しているのだ。それも1台、2台ではなく阪神バス、阪急バス、大阪市営バスなどが疾走している。

これらは、日本から輸入された中古バス。平壌だけでなく中朝国境を往来するトラックのなかには日本の宅配会社の車両がロゴもそのままに走る姿も見られる。

電力不足や運営資金不足などで、公共の交通機関がままならないなか、トンジュと言われる新興富裕層がこうしたバスを運営し、交通ビジネスに参入している。

バスについては、トンジュたちが、運転主や車掌も選び、運行回数や乗客数に応じて給料を払うなど歩合制が導入されるなど、事実上の市場経済方式で運行されているのだ。