北朝鮮の朝鮮中央通信と労働新聞は18日、金正恩第1書記が深刻な水害に見舞われた咸鏡北道(ハムギョンブクト)羅先(ラソン)市の被災地を現地指導したことを報道した。

羅先市の被災現場を現地指導した金正恩第1書記/2015年9月18日付労働新聞より
羅先市の被災現場を現地指導した金正恩第1書記/2015年9月18日付労働新聞より

朝鮮中央通信によると、金正恩氏は「水害によって家を失い、野外で生活する羅先市水害被災民のために眠れなかった、自身が直接水害復旧現場を見て回ってこそ、安心できそうなので訪ねてきた」と述べた。