北朝鮮製の携帯電話は、基本的に海外通話が出来ず、一歩でも国外に出るとまったく使い物にならない。しかし、なぜか中国に大量に持ち込まれ、意外な使われ方がされていると米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えた。

中国丹東にある北朝鮮向け携帯電話専門店
中国丹東にある北朝鮮向け携帯電話専門店。看板には北朝鮮の携帯電話ブランドも。

中朝国境地域の密輸業者や商売人にとって、中国キャリアの携帯電話は不可欠だった。電波さえ拾えば世界中に通話できるからだ。

取り締まりは行われていたが、いくらでも抜け穴があり、万が一摘発されてもワイロを払えば特に問題はなかった。しかし、近年では北朝鮮だけなく中国でも規制が強化され事情が変わりつつある。

まず、北朝鮮当局は、強力なドイツ製電波探知機を導入し、中国電話網を利用した携帯電話通話を大々的に取り締まるようになった。摘発されるとスパイ扱いされる可能性もあり、非常に危険だ。中国政府もテロや犯罪防止のため、「携帯電話登録制」を実施。使用するには、本人確認が必要になった。

そこで編み出された裏ワザが「北朝鮮の携帯電話を中国で使う」。この裏ワザについて両江道(リャンガンド)の情報筋が次のように語った。

「北朝鮮では、原則的に1人の名義で登録出来る携帯電話は2台までだが、他人名義の登録は可能だ。また、保安署(警察)などに怪しまれにくい人の名義を借りることで、より安全に登録できる」

いわば「飛ばし携帯」である。仮に、当局に盗聴されても他人名義だから、言い逃れが可能だ。現在、中国のブラックマーケットでは、北朝鮮「飛ばし携帯」が300元(約5600円)で売られている。

中国の貿易業者は、あえて北朝鮮の飛ばし携帯電話を購入し、北朝鮮側の密輸業者と連絡を取り合う。中朝国境を流れる鴨緑江や豆満江の川幅は、狭いポイントなら数十メートルで、携帯通話には問題がない。

しかし、川から離れた地域までは北朝鮮の電波は届かない。そこで、中国キャリアと北朝鮮キャリアの2台を中継するという裏技まで編み出された。

北朝鮮当局が、違法通話を根絶しようとしても、商売人たちの知恵には全く歯が立たないようだ。

    関連記事