北朝鮮の朝鮮人民軍(北朝鮮軍)は、先月の南北軍事的緊張に伴い、上陸作戦用のホバークラフト20数隻を韓国にほど近い高岩浦(コアンポ)の基地に一時配置していたが、このホバークラフトが、実戦には使えない代物だという証言が飛び出した。その原因は、構造的に欠陥があるという。

공방III
北朝鮮が装備する上陸用ホバークラフト「コンバンⅢ」(資料写真)

平安南道(ピョンアンナムド)の北朝鮮軍情報筋はデイリーNKに次のように証言した。

「朝鮮人民軍に配備されているホバークラフト『コンバンⅡ』(35トン)と『コンバンⅢ』(20トン)は、旧ソ連製の『M400』エンジンを羅津(ラジン)軍需工場で高速艦艇用に改造した『ラ-15機関』を装着しているが、このエンジン音が大きすぎる」

情報筋によると、エンジン音は、4キロ先でも聞こえる大きさで「対南奇襲攻撃」どころか、上陸前に捕捉されて一網打尽にされかねない。さらにその船体の材質にも大きな問題があるという。船体を軽くするため、ゴム製部品を使用しているが、浮上させるに必要な空気を送り入れる箇所がゴム製のため、銃弾を数発打ち込まれればあっという間に沈没する。

別の北朝鮮軍情報筋は、デイリーNKに「8月の軍事的緊張が高まった時、ホバークラフトを最前線に移動させたが、北朝鮮に勝算はなく『フカシ』に過ぎない。乗組員たちは『自分たちはサンドバッグか弾除けだ』と嘆いている」と明かした。

使えないホバークラフトをわざわざ前線配置する作戦に、朝鮮人民軍内からも嘆きの声が聞こえると、この情報筋は言う。

「兵士たちは、戦闘に関する教育課程で、韓国軍や米軍の主要な武器について教育を受ける。ところが、この教育を通じて朝鮮人民軍の兵力が米韓両軍に比べると、いかに微々たるものかと気付いてしまうからだ」(北朝鮮軍情報筋)

    関連記事