日照りや大雨で心配されていた今年の北朝鮮のジャガイモの収穫だが、北部地方からは豊作が伝えられていると米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

RFAの消息筋によると、中朝国境地帯の両江道(リャンガンド)の協同農場では9月10日頃から、個人耕作地ではすでにジャガイモの収穫が始まった。

雲興(ウヌン)郡の大五是川(テオシチョン)、三水(サムス)郡のポムポなどの恵山(ヘサン)市周辺の各協同農場では、平年収穫量25トンを超え、今年は30トン以上の収穫が見込める状況だという。

個人耕作地は、70坪で1トンの収穫が見込まれている。平均的な協同農場の面積3000坪で換算すると、42トンを超える収穫となり、協同農場よりはるかに収穫が多い。個人耕作地の収穫が多いのは、協同農場と比べてきちんと管理されているからだ。

両江道の各共同農場には、国家食料生産計画で23トンのジャガイモ生産が割り当てられている。分組管理制と圃田担当制では、超過生産分を農民に分配するという形になっているので、農民たちも「ジャガイモが多く手に入りそうだ」と期待に胸を膨らませているという。

両江道での収穫が進む中、東海岸北部の咸鏡北道(ハムギョンブクト)での収穫日は、決まっていない状況だ。大雨によりトウモロコシの生育が遅れているためだ。

    関連記事