北朝鮮の金正恩第1書記は、海外からの情報流入にきわめて敏感になっているようだ。

今月3日、中国・北京で行われた抗日戦争勝利70周年を記念する軍事パレードの生中継を、中国の電波を拾って見ていた北朝鮮の人々が、保衛部(秘密警察)に次々に逮捕される事態が起きた。

韓国や米国のテレビならともかく、長らく友好関係を築いてきた中国のテレビ放送を見ただけで逮捕とは、いくら最近は不仲だといっても異例と言える。

件のパレードには北朝鮮から崔龍海(チェ・リョンヘ)労働党書記が出席したが、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領と比べて明らかに冷遇された。すると北朝鮮はすかさず、中韓蜜月を非難する、ジェラシー丸出しのメッセージを発している。