北朝鮮外務省スポークスマンは10日、スイス・ジュネーブで14日から開かれる国連人権理事会の会期中に北朝鮮の人権問題に関する専門家会合が開かれるとし、これを米国が背後で主導する「反共和国騒動である」と非難した。朝鮮中央通信が報じた。

スポークスマンは、北朝鮮では「真の人権が最上の境地で保障されている」と主張。また、「特に、日本が今回の『会合』に熱を上げて騒ぎ立てている」としつつ、拉致問題などに関する日朝合意が「台無し」になりかねないと示唆し、日本政府の動きをけん制した。

朝鮮中央通信の記事全文は次のとおり。

【平壌9月10日発朝鮮中央通信】共和国外務省のスポークスマンは米国をはじめとする敵対勢力が国連人権舞台でありもしないわれわれの「人権問題」にかこつけてまたもや、反共和国騒動を起こそうとしていることに関連して10日、朝鮮中央通信社記者の質問に答えた。

スポークスマンは、14日からジュネーブで開催される第30回国連人権理事会会議の期間に敵対勢力は朝鮮の「人権問題」に関するいわゆる「専門家の会合」というものを催し、いわゆる「人権専門家」らを招待して共和国を非難する劇を演じようとしているとし、次のように強調した。

米国の背後の操りとその追随勢力の発起によって行われる「会合」で「専門家」らがテーマ別発言をするというが、そのテーマというものを見ればすでにその虚偽性が全世界にあらわになって破たんした反共和国「調査報告書」や「人権決議」に列挙されたねつ造謀略資料である。

「調査報告書」について言えば、その中枢の内容というものは「脱北者」のような有象無象の虚偽陳述を現地確認もせずやたらにかき集めたもので、真の人権が最上の境地で保障されているわれわれの現実を途方もなくわい曲し、誹謗、中傷した謀略だらけである。

敵対勢力が「陳述者」に使いこなしている「脱北者」らは例外なく、窃盗、未成年強姦、子供誘拐、人身売買などの罪を犯して逃走した人間のくずで、われわれはそのような犯罪逃走者を最後の一人まで追跡してその正体を最後まで掘り下げて暴くであろう。

われわれの現実を自分の目で見ず、われわれの人権保障制度についてよく知らない人々が、他国のいわゆる「人権」状況についてどうのこうのと言おうとすることには、明白に不純な政治的動機が潜んでいる。

今、米国はイラン核問題の妥結後、われわれの「人権問題」に集中して「人権圧迫」をいっそう強めなければならないと唱えて、国連舞台を悪用してわが制度の転覆を狙った政治的挑発策動に卑劣な手段と方法の限りを尽くしている。

これに、EUと日本が合流して先頭に立っている。

特に、日本が今回の「会合」に熱を上げて騒ぎ立てているが、朝日双方間に合意した問題を台無しにする段取りをしているようだ。

最近、西側のメディアが「北朝鮮人権関連調査報告書や決議」が「北朝鮮の体制変化」を目標としており、米国とその同盟国は「対朝鮮人権キャンペーンを通じて政権交代を追求」していると指摘したのを見ても、敵対勢力が「専門家の会合」を通じて何を狙っているのかは明白である。

スポークスマンは、朝鮮人民の生命であり、幸せな生の地盤である最も優れているわれわれの社会主義制度をどうにかしてみようとする米国と敵対勢力の策動が増大するほど、われわれの超強硬対応の意志はより強くなるであろうと明らかにした。---

    関連記事