今月3日、中国・北京で行われた抗日戦争勝利70周年を記念する軍事パレードのニュースは、北朝鮮国内で口コミで広がっている。ところが、中国のテレビで放送された生中継を見た住民が、保衛部(秘密警察)に次々に逮捕される事態が起きたと米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

軍事パレードの様子を伝える延辺テレビ。韓国の朴槿恵大統領の姿も写っている(画像:延辺テレビキャプチャー)
軍事パレードの様子を伝える延辺テレビ。韓国の朴槿恵大統領の姿も写っている(画像:延辺テレビキャプチャー)

韓国や米国のテレビならともかく、なぜ北当局は「友好国」中国のテレビ放送を見ることに神経質になっているのか。その背景を探った。

中朝国境地域では、中国のテレビがクリアに受信できる。また、吉林省の延辺朝鮮族自治州に面している咸鏡北道(ハムギョンブクト)の穏城(オンソン)、会寧(フェリョン)、茂山(ムサン)などでは中国中央テレビだけでなく、朝鮮語放送の「延辺テレビ」も受信できる。

アナログカラーテレビの方式は中朝ともにPAL方式であり視聴にも問題はない。各家庭のテレビは、当局により朝鮮中央テレビのみ映るようにチャンネルは、はんだで固定されているが、これも少し改造すればおしまいだ。さらに、DVDを視聴できる「ノートテル」はTVチューナー付きの機器も多い。

中国のテレビ局が放送する番組は、中国中央政府によりコントロールされているが、北朝鮮とは比べ物にならないほど国内外のニュースが多く伝えられている。ドラマやバラエティ番組も多く、普段から「延辺テレビ」を視聴する住民が多かった。

そして、9月2日。いつものように延辺テレビにチャンネルを合わせて軍事パレードの生中継を見ていると、いきなり保衛部に踏み込まれ逮捕される住民が続出したという。

咸鏡北道の情報筋は、「保衛部27局がテレビ受信機の抜き打ち検査を行い、多数の住民が逮捕された。彼らは、中国人民元で罰金を払った上で釈放された」と語る。

また、両江道(リャンガンド)の情報筋は、「保衛部の厳しい取締はあったが、多くの人が中国のテレビの軍事パレード生中継を見ており、その話が街中に広がっている」と伝えた。

一方、逮捕されずにパレードを見た住民たちは、天安門の壇上に並ぶ多くの外国の首脳や代表団、中国の最新鋭の武器の数々、天安門広場を埋めた多くの観客など、その盛大な様子を見でショックを受けたという。

なかには、「我が国(北朝鮮)の軍事パレードは中国のものに比べると、幼稚園のお遊戯レベル」と酷評する住民もいたと情報筋は伝えた。

中国の盛大なパレードの噂が広まるなか、来月10日に行うとみられている「労働党創建70周年記念日」に合わせた軍事パレードについて「しょぼいパレードをやって国のメンツに傷がつくのではないか」と心配する声まで上がる始末だ。

また、北朝鮮の国営メディアで非難・罵倒されている韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が、にこやかに中国をはじめ各国首脳と挨拶を交わす様子も報道された。

「南朝鮮(韓国)の大統領は華々しく活躍しているのに、我が国の最高指導者(金正恩氏)は、何をしているのだろう疑問を持ってもおかしくはない」(情報筋)

保衛部が大々的な取締に乗り出した背景には、こうした事情があるようだが、やはり「焼け石に水」感は否めない。

    関連記事