中朝国境に面した北朝鮮の両江道(リャンガンド)恵山(ヘサン)市で、女性3人が中国の携帯電話を使用したために銃殺されたと、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

RFAの現地情報筋によると、女性3人は、労働党中央軍事委員会の検閲(調査)が行われていた7月末、中国の携帯電話を使用したことが発覚し、保衛部(秘密警察)に逮捕された。その後の、取り調べで彼女たちが定期的に韓国に国際電話をかけていたことが明らかになり、8月20日に処刑された。

「見せしめ」のため処刑か

3人のうち2人は、市内の恵灘洞(ヘタンドン)在住で、1人は芸術大学のある城後洞(ソンフドン)在住だった。いずれの地域も中朝国境を流れる鴨緑江に面している。3人とも既婚者だったが、処刑前に当局により強制的に夫と離婚させられ、家族は恵山市内で暮らしているという。

北朝鮮当局が、わざわざ処刑間に離婚させた理由について情報筋は、次のように語った。

    関連記事