在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)は7日、東京・千代田区にある中央本部の講堂で、北朝鮮の建国67周年(9月9日)記念の祝賀宴を開催した。朝鮮総連の関係者によれば、参加者は在日朝鮮人と日本の政界・マスコミ関係者、駐日中国大使、同ロシア大使、同シリア大使ら約200人。現職国会議員の姿は見られなかったという。

祝賀宴で演説した許宗萬議長は、日本は戦後70年の今もなお、日本政府は在日朝鮮人を差別し続けていると指摘。北朝鮮が、ストックホルム合意に基づく日本人拉致被害者らの再調査結果をいつ報告するかは「すべて日本側にかかっています」などと主張した。

北朝鮮は、北朝鮮産マツタケの不正輸入事件で朝鮮総連幹部らが捜索を受けたことなどに対し、拉致問題等の日朝対話の中断を示唆した経緯がある。

朝鮮総連は6、7日にも、北海道本部が助成金詐欺容疑の関係先として北海道警の捜索を受けている。

許宗萬議長の演説全文は次の通り。