人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

北朝鮮では、民間の金融業は違法行為であり、かつて国営企業はこの制度を利用して、ヤミ金業者から融資を受けた上で、業者を「高利貸罪」で訴えて踏み倒すことが多かった。しかし、独立採算制導入後は、運転資金の安定的な調達が必要なため、きちんと返してまた借りるようになっていることもヤミ金市場が活性化している要因と言える。

事実上の金融マーケットが築かれるなか、保安署(警察署)も金融業を取り締まらない。問題が起きた場合には「話し合って解決しろ」――つまり示談で解決しろと言うだけだ。

北朝鮮版ヤミ金の回収方法

国営企業がヤミ金業者から融資を受けた場合、借用書には「期日までに返済がない場合には、元金と利子に相当する額の工場の建物と設備を利用させること」と書かれており、返済ができなかった場合には設備が差し押さえられる。

    関連記事