デイリーNKジャパンは、統合幕僚監部(統幕)が作成して共産党に流出し、共産党の仁比聡平(にひそうへい)氏が2日の参院特別委員会で提示した資料の全文を入手した。

資料は、河野(かわの)克俊統幕長が昨年12月17、18両日の訪米で、デンプシー統合参謀本部議長ら米軍・国防総省幹部7人と会談した内容を記載したもの。

ここではそのうち、スウィフト(統幕文書では“スイフト”)海軍作戦部幕僚部長との会談内容を見てみたい。同氏はその後、米太平洋艦隊司令官に就任している。

河野氏はスウィフト氏との会談に先立ち、オディエルノ陸軍参謀総長やワーク国防副長官と会談。そこでは安倍政権が取り組む安保法制や離島防衛――すなわち中国との尖閣問題などに関する話題が、大いに盛り上がっていた。

とくにワーク氏は、安倍自民党の衆院選での勝利を熱烈に歓迎。また、会談を終えようとする河野氏の言葉を遮り、尖閣問題に対する米国のコミットメントを強調する熱心さだった。

しかしそれらに比べ、河野氏とスウィフト氏の議論はいまひとつ噛み合っていない。話題は尖閣問題と日中関係にほぼ絞られているのだが、尖閣周辺での中国の動きの不穏さを強調する河野氏に対し、中国の問題は大局的に見るべきだとして、スイフト氏がいなすような雰囲気なのだ。

会話は最後まで噛み合うことなく、タイムオーバーで終わってしまった。

スウィフト氏は当時すでに、太平洋艦隊司令官への就任が決まっていた。仮に尖閣で「有事」があれば、現場の「責任者」となる人物のひとりであるわけだ。

それだけに、海上自衛隊と中国海軍の現場が熱くなり、不測の事態が起きることを、誰よりも憂えているのかもしれない。

高英起(コウ・ヨンギ)

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記

    関連記事