北朝鮮の労働新聞と朝鮮中央通信は1日、金正恩第1書記が「平壌トウモロコシ加工工場」を現地指導したことを報道した。

平壌トウモロコシ加工工場を現地指導する金正恩氏/2015年9月1日付労働新聞より
平壌トウモロコシ加工工場を現地指導する金正恩氏/2015年9月1日付労働新聞より

金正恩氏は、工場を眺めながら「平壌トウモロコシ加工工場が建設されることによって、首都市民の食生活向上のために労苦をいとわず、精魂を傾けた金正日総書記の遺訓をもう一つ貫徹した」と述べた。

現地指導には朴奉珠(パク・ポンジュ)氏、崔龍海(チェ・リョンヘ)氏、金養建(キム・ヤンゴン)氏、趙甬元(チョ・ヨンウォン)氏が同行した。

朝鮮中央通信の報道は次の通り。


金正恩元帥が新設の平壌トウモロコシ加工工場を現地指導

【平壌9月1日発朝鮮中央通信】

金正恩元帥が、新設の平壌トウモロコシ加工工場を現地で指導した。

金正恩元帥は工場の全景を眺めて、新たな平壌精神、平壌速度創造の炎が激しく燃え広がっている中、平壌トウモロコシ加工工場が建設されることによって、首都市民の食生活向上のために労苦をいとわず、精魂を傾けた金正日総書記の遺訓をもう一つ貫徹したととても喜んだ。

金正恩元帥は、各生産工程と製品陳列室、総合制御室、科学技術普及室、実験分析室、屋内スポーツ場などを見て回り、建設および生産の実態を具体的に調べた。

そば、トウモロコシ加工米、菓子、パン、ゼリーなど工場で生産しているトウモロコシ加工品の品種も多様だ、製品の包装水準もたいへん高くなったが、見るほど満足だと非常に喜んだ。

遠隔教育を受けられるように科学技術普及室も立派に整え、工場内に屋内スポーツ場も立派に建設したと高く評価した。

金正恩元帥は、平壌トウモロコシ加工工場は首都市民の食生活向上に積極的に寄与すべき重要な工場だとし、生産を高い水準で正常化することによって各種のトウモロコシ加工品をより多く生産する問題、原料保障対策を正しく立て、企業管理、経営管理を綿密に行う問題、製品の衛生安全性と質を徹底的に保つことに特別な関心を払う問題、同工場で生産するすべてのトウモロコシ加工品が人民の好評を博する製品になるようにする問題など、工場に提起される課題と方途を明示した。

金正恩元帥は、平壌トウモロコシ加工工場の建設で自分の汗と情熱を惜しみなくささげた平壌市民と工場の現代化に大きく資した金日成総合大学、金策工業総合大学、平壌機械総合大学、韓徳銖平壌軽工業総合大学の幹部、教師、研究者の偉勲も高く評価した。

金正恩元帥は、平壌トウモロコシ加工工場の幹部と従業員が金日成主席と金正日総書記の温かい人民愛を末永く輝かすとの期待と確信を表明し、彼らと共に記念写真を撮った。

朴奉珠、崔龍海、金養建、趙甬元の各氏が同行した。

    関連記事