北朝鮮の労働新聞と朝鮮中央通信は28日、朝鮮労働党中央軍事委員会拡大会議が行われたことを報道した。会議の日時は不明。

労働党中央軍事委員会拡大会議での金正恩氏/2015年8月28日付労働新聞より
労働党中央軍事委員会拡大会議での金正恩氏/2015年8月28日付労働新聞より

会議のなかで、金正恩第一書記は、軍事的緩和と南北関係の改善を目指した北朝鮮と韓国の合意について「和解と信頼の道に戻らせた重大な転換的契機になる」と評価する一方、「(平穏は)テーブルの上で得たものではなく、自衛的核抑止力を中枢とする無尽強大な軍事力で成し遂げられた」と述べながら、軍事力の強化を主張した。

朝鮮中央通信の記事は次のとおり。

「朝鮮労働党第1書記であり、朝鮮労働党中央軍事委員会委員長であらせられる敬愛する金正恩同志の指導のもとに朝鮮労働党中央軍事委員会拡大会議が行われた」

【平壌8月28日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党第1書記、党中央軍事委員会委員長、共和国国防委員会第1委員長、朝鮮人民軍最高司令官である金正恩元帥の指導の下で朝鮮労働党中央軍事委員会拡大会議が行われた。

同拡大会議には、党中央軍事委員会の委員と人民軍党委員会の執行委員、総政治局、人民武力部、総参謀部の局、部署の責任幹部、軍種、軍団級単位の指揮メンバー、各級軍事学校の指揮メンバー、国家安全保衛、人民保安機関の責任幹部、党中央委員会、内閣、対外部門の責任幹部、各道党の責任書記が参加した。

拡大会議では、交戦直前にまで至った最も極端な情勢状況の下で、朝鮮労働党と共和国政府が取った革命的措置とその執行過程に収められた成果と経験、教訓を分析、総括し、それに基づいて国の防衛力をいっそう鉄桶のごとく固めていくための重大な戦略的課題が討議された。

拡大会議では、また、羅先市洪水被害復旧対策問題を討議し、党中央軍事委員会の一部の委員を解任および任命し、組織の問題が扱われた。

金正恩元帥は拡大会議で今回の危機事態のてん末を詳細に通報し、戦時状態が宣布された各前線部隊の軍事作戦準備過程と準戦時宣布地域内の各部門の活動状況、北南高位級緊急接触状況について分析、評価した。

今回生じた一触即発の緊迫した情勢の下で、わが党は全国、全民、全軍を導きながら正確な指導力を発揮し、情勢の難航を切り抜けていく断固たる決心と戦略的方針を打ち出したと述べた。

敬愛する金正恩同志は陸海空の祖国防衛哨所に立っている勇敢な人民軍将兵たちの揺るぎなき祖国死守と革命保衛精神、党と革命の無限の充実性により、そして偉大なる首領様と将軍様から受け継いだ最大の愛国遺産である社会主義祖国を命を捧げて死守し、我々の思想と制度を守りぬこうとする全朝鮮人民のゆるぎない信念と意志、熱い祖国愛によって、我が祖国に迫りつつあった危機が我々の足元で水の泡のように消え危険な事態は鎮静されたとおっしゃり、戦争という災難の荒波を前にしても、変わらず我が党だけを固く信じて戦争の勝利を確信してくれた、最愛の人民と全軍の勇敢な兵士たちに熱い感謝と戦闘的な挨拶を送られた。

革命を守って千万が銃弾・爆弾となり、前線と後方、軍隊と人民が一心同体となって祖国防衛戦に果敢に決起したこのような全国家的、全人民的団結の威力はかつて類例のないものであったとし、われわれはわれわれの力で誰かの支援も、同情もない歴史の突風の下でわが祖国の尊厳と自主権、革命の獲得物と人民の幸福を守り抜いたと語った。

敬愛する金正恩同志は、今回の事態を平定し我々自らが、我々の真の力をよりよく知り堅く信じるようになったとおっしゃり、真の力、強大な威力は危険な侵略を防ぎ、それにより発生しうる残酷な戦争を防ぐことにあるとおっしゃった。

敬愛する 金正恩元帥は、今回、われわれは主動的に北南高位級緊急接触を開いて武力衝突に突っ走っていた一触即発の危機を打開することによって、民族の頭上に垂れ込めていた戦争の暗雲を払いのけて朝鮮半島と地域の平和と安定を守り抜いたと述べた。

敬愛する金正恩同志は、北南高位級緊急接触で共同報道文が発表されたのは、先鋭な軍事的緊張状態を解消し、破局に瀕した北南関係を和解と信頼の道に戻らせた重大な転換的契機になると語った。

金正恩同志は、今回の接触の結果は、民族の運命を心配し、平和を大切にする崇高な理念の勝利とおっしゃり、我々は運命的な時に禍を福に転じさせた今回の合意を大切にし、豊かな実りとして育てていかなければならないとおっしゃった。

敬愛する金正恩同志は、我が共和国の自主権と根本的利益は、何物にも代え難く、それに抵触する会話や平和の雰囲気は無意味だとおっしゃった。

敬愛する金正恩同志は、瀬戸際にまで至った交戦直前で再び取り戻した平穏は決して、テーブルの上で得たものではなく、偉大なわが党が育んできた自衛的核抑止力を中枢とする無尽強大な軍事力とわが党の周りに一心団結した無敵の千万の隊伍があるので成し遂げられたと述べ、歳月の強風の中でより強くなった先軍の銃剣と軍民の一心団結は昨日も、今日も、明日も朝鮮半島の平和を守る根本保証であると強調した。

敬愛する金正恩同志は、我々は今後もいかなる風が吹こうとも、いささかも動揺せずに金正恩元帥は、国家防衛のための軍事力強化に最優先的な力を入れなければならないと再び強調し、そのための具体的な戦略的課題と方途を提示した。

敬愛する金正恩元帥は拡大会議で、最近発生した羅先市の水害状況を具体的に通報し、人民軍が羅先市被害復旧作業を全的に受け持って党創立記念日前まで完全に終えることに関する朝鮮人民軍最高司令官命令を下達し、羅先市被害復旧戦闘指揮司令部を組織した。

千万軍民が敬愛する金正恩同志が我々の革命の陣頭に立っておられ、党の卓越して洗練された指導がある限り、我々は必ず勝利するという必勝の信念にあふれ、祖国守護戦と強盛国家建設に山のように立ち上がった激動的な時期に行われた朝鮮労働党中央軍事委員会拡大会議は、偉大なる主席様のご尊名に輝く栄光の我が祖国朝鮮民主主義人民共和国の永遠の勝利と隆盛繁栄を担保するうえで、新しい道標を設けた歴史的な契機となる。

全参加者は、祖国に迫りつつあった危機の渦の中で、祖国と人民の尊厳と安寧を守りぬき、全同胞が望む大切な平和を死守した喜び、矜持、誇りを抱き、敬愛する金正恩同志のまわりに一心同体でさらに固く団結して党創立70周年に向けた総突撃戦を力強く繰り広げることにより、意味深き今年を強盛繁栄する先軍朝鮮の革命的大慶事として輝かしめる革命的熱意にあふれていた。

    関連記事