北朝鮮では、若者や富裕層を中心に、禁制品である「韓国製品」の人気は根強い。いくら当局が「禁止令」を出しても効果が上がらないなか、海外駐在員に対して「サムスンやLGなど韓国製携帯電話の使用禁止令」が下されたと米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えた。 

RFAの中国国内の情報筋によると、在中北朝鮮大使館が外交官、貿易関係者及び、その家族に対して「韓国製の携帯電話をすべて中国製に替えるように」という指示を出した。東南アジア各国でも同様の指示が出されている。