南北間で高まっていた軍事的緊張は、25日の合意で収まる方向で動いているが、緊張状態を強いられた北朝鮮住民の間から政府を非難する声が聞こえてくる。

江原道(カンウォンド)のデイリーNK内部情報筋によると、南北高官会議の合意内容は、25日の午前5時に有線ラジオ「3放送」を通じて伝えられた。

この地域は、軍事境界線に近いことから緊張状態に包まれたという。そのためか、「(北朝鮮政府が)『わが国の地雷で韓国に被害が出た』と認めればいいのに、下手に意地を張って恥をかいた」と酷評する住民もいたという。