アジアプレスは6日、東京都内で北朝鮮情勢セミナーを開催。北朝鮮による拉致被害者、蓮池薫さんの兄、透(60)さんと、アジアプレス大阪事務所の石丸次郎代表が対談を行った。

対談の中で、蓮池さんは、拉致被害者や家族が高齢化していることを指摘し「一刻も早い解決を望む」と語りながら、遅々として進まない拉致問題の解決にいらだちを見せた。

現在、日本政府の北朝鮮に対する経済制裁については「効果があったら拉致被害者はすでに帰ってきているはず。武力解決ができない日本ができる最も強硬な手段が制裁なのに、戦略がない」と日本政府の対応を批判した。

日本政府が2006年に経済制裁を発動する際、蓮池さんが政府関係者に「いかなるシナリオを描いているのか」と尋ねたところ「北朝鮮は制裁でもがき苦しみ、跪いて謝り拉致被害者を返すだろう」という答えが返ってきたエピソードを紹介しながら、政府の拉致問題対応の戦略のなさを批判した。

さらに、「北朝鮮を懲らしめるという気持ちで制裁するのならば、拉致被害者がすべて帰国してからやればいい」と戦略より感情が優先されている現状に苦言を呈しながら、「日本政府はあらゆる手段を尽くすと言っている。ならば対価を払ってでも拉致被害者を取り返すべき」と主張。しかし、「対価の支払いは家族会が許さないだろう」と述べた。

蓮池さんは北朝鮮による拉致被害者家族会の副代表だったが、活動方針や家族会の強硬姿勢をめぐって2010年に除名されているが、「被害者家族が感情的になるのは当たり前」だと理解を示しつつ、家族会に対する政治家のスタンスについて次のように疑問を提起する。

「家族会はやるべきことはすべてやっている。米国にも国連にも行って、横田早紀江さんは米大統領にも会った。ただし、政府は本当に効果があるのならばたとえ家族会が大反対してもやり通すべきなのに、家族の顔色を伺っているだけ」

さらに、安倍総理が6日開かれた広島の平和式典に参列した際に、ブルーリボンバッジをつけていたことを指摘し、「政治家がバッジをつけることは言い訳に過ぎない、広島の人々にも失礼だ」だと批判した。

第2部では、石丸次郎代表による北朝鮮の情勢報告が行われた。その中で、ストックホルム合意後の昨年6月から8月にかけて、北朝鮮の国家安全保衛部(秘密警察)が各地の日本人妻を訪ねて、調査を行い、日本への帰国を希望するかどうかも訊いていたと明らかにした。しかし、拉致問題の進展については楽観視出来ないと指摘する。

「北朝鮮は金正恩第一書記の「唯一領導体制」の確立の過程で、大々的に粛清が行われている状況だ。責任を問われるおそれのある仕事は誰もやろうとしないため、拉致問題の全面的解決は当面難しい」

さらに石丸代表は「北朝鮮には拉致被害者、残留者、日本人妻のいずれにも該当しない『謎の日本人』がいる」と明らかにした。その正体については「不明」としつつも「60~80年代に社会主義に憧れを抱き北朝鮮に行った者だろう」との見方を示した。

【関連記事】
安倍首相、拉致問題で北朝鮮との外相交渉を指示
北朝鮮が拉致再調査で「報告延期」に持ち込む理由
京都府警、執念の「マツタケ狩り」

    関連記事