中国で行われているサッカーEAFF東アジアカップ2015で、北朝鮮代表チームが男女で日本に連勝。「意外」な活躍を見せている。

北朝鮮がかつてアジア随一のサッカー強国であったことを考えれば、たとえ周辺国の実力が大幅にアップした現在においても、これぐらいのポジションにいるのはむしろ当たり前のことかもしれない。それが「意外」なものに映ってしまうのは、国際舞台における北朝鮮の“ブランク”があまりに長かったからだ。

1990年代の半ばから、男子サッカーの北朝鮮代表は相当な期間にわたり、国際舞台からほとんど姿を消していた。

金正日氏が審判買収を指示

その最大の理由は、大量の餓死者を出した経済難だろう。しかし同じ時期、女子柔道のケー・スンヒ、女子マラソンのチョン・ソンオクらが大活躍していたことを見れば、北朝鮮サッカーの「不在」をまったく経済難だけのせいにすることはできない。