連日の猛暑を記録している北朝鮮では、涼を求めて海やプールを訪れる人が多い。ところが、平壌市内のプールで異臭騒ぎが発生した。

騒ぎが発生したのは平壌市内にある「紋繍(ムンス)プール」。金正恩氏が、スイス留学時代に見たウォーターパークを自国に再現すべく作らせたもので、新興富裕層「トンジュ(金主)」を中心に多くの平壌市民が訪れるスポットになっている。

平壌市内にある紋繍プール(画像:Uri Tours)
平壌市内にある紋繍プール(画像:Uri Tours)

咸鏡南道(ハムギョンナムド)のデイリーNK内部情報筋によると、このプールでは、最近度々異臭騒ぎが起きていた。その原因は電力不足による「停電」だ。