ちょっと見栄っ張りで、無理な出費をしてでも「良いモノ」を使いたがるとされる北朝鮮の消費者。その傾向は、ファッションにも見られるようになっている。

ストリートファッションやアートを紹介する英国のカルチャーマガジン「Dazed&Confused」は最近、中国のファッションライターのリャン・ルーハイ氏が寄稿した「プラダ・イン・ピョンヤン、北朝鮮のニュールック」と題した記事を掲載した。

この記事でリャン氏は、着飾った北朝鮮女性の写真を紹介しており、彼女らは「クリスチャン・ディオール」や「プラダ」のハンドバッグを持っている。リャン氏は、これはおそらく中国で作られた偽物だろうと指摘している。

また、女性たちの服はピンク、花がらなどの華やかなデザインのもので、靴も10センチ以上もあるヒールだが、これは北朝鮮のファーストレディで、ファッションリーダーでもある李雪主氏の影響によるものと思われる。韓国の国家情報院の調査によると、李雪主氏はバレンチノのコート、ディオールのハンドバッグなどがお気に入りだとのこと。

また、北朝鮮専門旅行会社の外国人ガイドはリャン氏のインタビューに「現地の人からレイバンのサングラスはどうやって買うのか尋ねられたことがある」「北朝鮮の人々はブランド品好きで、ブランド名もよく知っている」と語っている。

このようなファッションの変化は、北朝鮮の社会と人々の認識の変化の現れだと、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)は分析している。また、脱北者のチェ・チョルナム氏は「難しい状況の中でも、北朝鮮の女性は服やアクセサリーで個性を表現し、美を追求しようとしている」と語った。

ちなみに北朝鮮で最もファッションにうるさい街は清津(チョンジン)だとのことだ。その理由をリャン氏は、港町であるために外国からの文化の流入も多く、平壌と比べて統制が緩いからだと説明している。

    関連記事