北朝鮮の労働新聞は20日、金正恩氏が「金鍾泰電気機関車連合企業所」を現地指導したことを報道した。

金鍾泰電気機関車連合企業所を現地指導する金正恩氏/2015年7月20日付労働新聞より
金鍾泰電気機関車連合企業所を現地指導する金正恩氏/2015年7月20日付労働新聞より

同紙によると、同企業所は故金日成主席が1945年11月に設立した工場であり、金正恩氏は「わが党の年齢はすなわち金鍾泰電気機関車連合企業所の年齢である」と述べたという。

金正恩氏は、企業所を見て回りながら次のように述べたと同紙は報じた。

 社会主義強盛国家の建設をより力強く促すためにはどうあっても国の鉄道を近代化しなければならない。わが人民に一日も早く幸せな生活を与えるために気づかい、昼夜を分かたず列車を利用していた主席と総書記を乗せる気持ちで鉄道を新世紀の要求に即して近代化しよう。

金鍾泰電気機関車連合企業所を現地指導する金正恩氏/2015年7月20日付労働新聞より
金鍾泰電気機関車連合企業所を現地指導する金正恩氏/2015年7月20日付労働新聞より

現地指導には黄炳瑞(ファン・ビョンソ)氏、朴奉珠(パク・ポンジュ)氏、リ・ジェイル氏、金与正(キム・ヨジョン)氏が同行した。

【関連記事】
【動画】金正恩氏、激怒の現地指導
金正恩・李雪主夫妻はブランド好き
銃殺されたスッポン工場支配人

    関連記事