政府、与党が現在、進めているる安全保障関連法制は、本日(15日)の衆議院平和安全法制特別委員会で強行採決が予想されている。こうしたなか、学生たちのグループ「SEALDs(シールズ、自由と民主主義のための学生緊急行動)」は、今日から3日連続、国会前で「戦争法案強行採決に反対する国会前緊急行動」を開催する。

SEALDs

先週10日、19時30分より開かれた国会前の抗議行動には1万5000人以上(SEALDs発表)が集まった。事態が、緊迫するなか今日の国会前には、さらに多くの市民が抗議活動に参加するものと予想される。

抗議活動は、15日、16日、17日の3日連続、午後6時30分から国会前の北庭エリア(国会議事堂向かって右側の歩道)で予定されている。