「オレオレ詐欺」に関わった容疑でソウルで逮捕された男性が、金正恩氏の最側近の一人、崔龍海(チェ・リョンへ)氏の甥と見られると韓国メディアが伝えている。

金正恩氏をみつめる左の男性が崔龍海氏(労働新聞より)
金正恩氏をみつめる左の男性が崔龍海氏(労働新聞より)

金に困って犯行に及ぶ

複数の韓国メディアによると、逮捕されたの中国国籍の朝鮮族オ・ギボム容疑者(44)ら2人。オレオレ詐欺で騙し取った3930万ウォンを引き出そうとしたところを韓国警察当局に逮捕された。

事件が発覚したきっかけは、オ容疑者が属する中国「オレオレ詐欺」グループに通帳を提供した李某氏の自白だった。この男性は、グループが無作為に送ったメールに引っかかり、オレオレ詐欺で騙しとったカネを入金するための口座を提供していたが、別のオレオレ詐欺事件で警察の取り調べを受けた際に、オ容疑者の詐欺行為も自白した。

オ容疑者は、李某氏の口座から騙しとった金を引き出そうとして銀行を訪れところ、張り込んでいた警察に拘束された。警察関係者によるとオ容疑者は容疑を概ね認めているという。オ容疑者は、崔龍海氏の甥であることを取り調べでは語らず、警察もメディア報道を見て知ったという。

また、韓国政府はオ容疑者が崔龍海氏の甥であるかどうかは確認できていないという見解だ。

オ容疑者は、崔龍海氏一族の本家がある中国黒竜江省鶏東県の生まれで、吉林省延辺朝鮮族自治州で北朝鮮の海産物を輸入する事業を営んできたが、中朝関係の悪化で営業不振となり、今回の犯行に及んだという。

オ容疑者は、崔龍海氏の父親で元北朝鮮人民武力部長の崔賢(チェ・ヒョン)氏の妹、崔ジョンへ氏の孫だ。

【関連記事】粛清相次ぐ北朝鮮で「崔龍海氏」も降格か

    関連記事