北朝鮮で、携帯電話の基本料金が「大幅値下げ」となったことから、加入者が急増していると米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

しかし、同放送によると、追加の通話料金が「大幅値上げ」したため、使いすぎると大変な料金を支払わなければならない。そこで多くの住民は、携帯電話を2台所有し、使い分けながら節約しているという。

両江道(リャンガンド)の内部情報筋は、次のように語った。

「昨年から、各市、郡に『携帯電話奉仕所(サービスセンター)』が次々とオープンした。恵山(ヘサン)では、人通りの多い金正淑(キム・ジョンスク)芸術劇場前にオープンし、携帯電話が気軽に買えるようになった」

さらに月々の基本料金もびっくりするほどの大幅値下げが実施されたという。