中朝国境に面した北朝鮮の両江道(リャンガンド)で、ゲリラ豪雨が降り続いていたことから、道庁所在地の恵山(ヘサン)市だけでも17人が亡くなったと米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えた。周辺地域まで含めると被害がさらに拡大するおそれがある。

中国から撮影した恵山の町並み (画像:milky0733)
中国から撮影した恵山の町並み (画像:milky0733)

6月の1ヶ月間、平安北道(ピョンアンブクト)の高原(コウォン)、陽徳(ヤンドク)、咸鏡道(ハムギョンド)の咸興(ハムン)以北など、北朝鮮の北部を中心に大雨が降った。