北朝鮮は、対外的に「深刻な干ばつで農業被害が予想される」と明らかにしている。一方、北朝鮮の北部では恵みの雨が降ったが、豪雨となって協同農場が浸水する被害が発生していると米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

平安南道南浦市江西区域にある青山里協同農場での「田植え戦闘」(画像:朝鮮中央テレビキャプチャー)
平安南道南浦市江西区域にある青山里協同農場での「田植え戦闘」(画像:朝鮮中央テレビキャプチャー)

RFAの両江道(リャンガンド)の内部情報筋によると、大雨が10日も降り続け、恵山(ヘサン)市郊外の谷川の水が氾濫。協同農場の野菜畑数千坪が浸水したという。