北朝鮮で都市住民や軍人たちを大々的に動員して行われていた北朝鮮の「田植え戦闘」「農村支援戦闘」が、先週18日ごろに終了。動員されていた都市の住民たちのほとんどが農村から家に戻っていると米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えた。

田植え戦闘の時期にテレビでよく流される標語「皆立ち上がり田植えを適期に質良く行おう」(画像:朝鮮中央テレビキャプチャー)
田植え戦闘の時期にテレビでよく流される標語「皆立ち上がり田植えを適期に質良く行おう」(画像:朝鮮中央テレビキャプチャー)

平安北道(ピョンアンブクト)の内部情報筋によると、同地域では18日までに支援活動は終了した。まだ「雑草取り戦闘」が残っているが、遠隔地の農場での泊まりがけの作業ではなく、自宅近辺の農場での日帰り作業だ。