北朝鮮の労働新聞(16日付)によると、金正恩第一書記が海軍艦船区分隊と地上砲兵区分隊の夜間海上火力打撃練習を視察した。視察日時は不明だが、労働新聞は昨日(15日)につづき、二日連続で金正恩氏の軍部隊視察を報じた。

夜間打撃訓練を視察する金正恩氏/2015年6月16日付労働新聞より
夜間打撃訓練を視察する金正恩氏/2015年6月16日付労働新聞より

砲撃訓練を見た金正恩氏は、「急速射撃と一斉射撃で海上目標を容赦なく打撃するのを見て、集中性がとてもよ、砲弾に目がついていると喜びを表した」という。

さらに、同紙は砲撃訓練について次のように表現した。

侵略者たちが我が祖国の神聖な空と地、海を0.001mmでも侵犯すれば、挑発者たちへ懲罰の火の雨を浴びせ、我々式の報復打撃がどのようなものかを身震いするように見せてるべく、白頭山革命強軍の燃える憎悪心と滅敵の意思を余すところなく誇示した。

20150616労働新聞夜間打撃訓練金正恩01

視察には、黄炳瑞(ファン・ビョンソ)氏、朴永植(パク・ヨンシク)氏、廉チョルソン氏、尹東絃(ユン・ドンヒョン)氏、朴ジョンチョン氏、洪ヨンチル氏が同行した。

【関連記事】
金正恩氏、ミサイル発射に「痛快に命中した!」
【写真】金正恩氏の肥満度と髪型
【動画】金正恩氏、スッポン工場で激怒

    関連記事