市場経済化が進む北朝鮮で、トンジュ(金主)と呼ばれる新興富裕層が数十万人に達しているという。韓国の慶尚南道昌原市の慶南大学で10日に開催されたセミナー「北朝鮮のビジネスと金融(韓国極東問題研究所主宰)」で明らかにされた。

10日に韓国の慶南大学極東問題研究所主催で行われたセミナー「北朝鮮のビジネスと金融」の様子(撮影:デイリーNKカン・スジョン記者)
10日に韓国の慶南大学極東問題研究所主催で行われたセミナー「北朝鮮のビジネスと金融」の様子(撮影:デイリーNKカン・スジョン記者)

セミナーの発表者の一人、慶南大学のイム・ウルチュル教授は「北朝鮮の私金融市場の主体はトンジュだ。数十万人の赤い資本家が北朝鮮で育っている。彼らが北朝鮮経済を牽引している」と語った。

    関連記事