警視庁公安部外事2課が10日、都内に住む朝鮮大学校教員の男性宅を捜索した模様だ。

容疑などは今のところ不明だが、在日韓国系の新聞が最近、この男性と韓国で摘発された北朝鮮によるスパイ事件との関連を指摘している。

【関連記事】韓国でつかまった北朝鮮スパイが「東京多摩地区」で会っていた人物とは!?

東京都小平市にある朝鮮大学校は、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の人材養成機関。男性は朝鮮総連の傘下団体である在日本朝鮮社会科学者協会(社協)にも所属し、日本の学者・研究者らとも交流していた。

男性は、親族が北朝鮮との貿易に関わっていたとの情報がある。

【続報】朝大教員宅捜索は「別件」か

【連載】対北情報戦の内幕
【-4-】外事警察編…公安が「北のマツタケ」にこだわる理由とは!?
【-5-】外事警察編…インテリジェンスの現場を疲弊させる「内なる敵」
【-6-】外事警察編…警察はなぜ公安調査庁に負けたのか
【-7-】外事警察編…「極秘組織」で外務・防衛省と対決