人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

平安北道(ピョンアンブクト)の内部情報筋は、デイリーNKに北朝鮮の「イマドキ婚活事情」について語った。

「最近、90年代と比べると結婚年齢や配偶者の選択など、結婚に対する考え方に大きな変化が生じた。男性の結婚年齢はそれほど変わらないが、女性の結婚年齢が20代前半から20後半と遅くなっている」

北朝鮮では兵役義務があることから、独身男性は除隊したらすでに27歳。生活の安定を求めていそいそと婚活をはじめる。以前は、やはり可愛くて教師、医師、ホテルで働く23歳の未婚女性が「お嫁さん候補ナンバーワン」だった。

ところが、今では離婚歴があってもお金を稼ぐ、つまり経済力と生活力を備えた女性が「お嫁さん候補ナンバーワン」だ。この背景には、北朝鮮で市場経済が進んでいるにもかかわらず、社会主義的企業形式が根強いことがある。

男性は、企業所といわれる会社に出勤しなければならないが、給料も配給もまともに出ない場合が多い。しかし、商売をすれば処罰されることもある。これではいつまで経っても生活は苦しいまま。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

そんな理不尽な矛盾に立ち上がったのが、専業主婦(アズマイ)だった。

    関連記事