北朝鮮の朝鮮中央通信は4日、韓国軍が北朝鮮全土を射程に収める新型弾道ミサイルの発射実験を行ったことに対して激しく反発しながら、「打撃手段の標的は朴槿恵」と威嚇した。

同通信は、朝鮮人民軍戦略軍スポークスマンの談話を通じて、韓国の弾道ミサイルに対して「これは(弾道ミサイル試射)外部勢力が握らせた銃剣で同族を狙い、襲い掛かる反民族的・売国的な反逆行為の一面である」と指摘。

さらに、「外部勢力を引き込むためにスカートを上げて不貞な行為をこととし、外部勢力が握らせた銃剣を持って同族を害する道に飛び込んだ朴槿恵のような悪党女はいなかった」と朴大統領を糾弾した。