軍隊内での雰囲気と同じく、一般住民たちも玄永哲氏処刑を知ってはいるが、口を慎んでいるようだ。

「『居眠りが理由で処刑された』とは誰も信じていない。何らかの陰謀があったに違いないが、そのうちわかるだろう。今は皆がおとなしくしておこうという雰囲気だ」(内部情報筋)

【関連記事】
相次ぐ側近の粛清、政敵の陰謀で家族も銃殺
粛清におびえる北朝鮮の幹部達
「家族もろとも銃殺」「機関銃で粉々に」
北朝鮮、スパイ容疑の芸術関係者を「機関銃で粉々に」
笑いながら粛清する金正恩氏に住民は戦々恐々

    関連記事