北朝鮮外務省は30日、核問題をめぐる6者協議の日米韓首席代表会合(ソウル)を非難する談話を発表。核兵器について「誰かを威嚇、恐喝しようとする手段ではなく、何かと換えるための駆け引き物でもない」と主張し、あくまで核開発を続ける姿勢を鮮明にした。

談話はまた、「われわれがすることなら、無鉄砲に悪く見てどうしてでも誹謗からしようとするその意地悪な観点がついに、朝米関係と朝鮮半島の非核化を台無し」にしたと指摘。核問題で対話が進まない責任は米国にあると主張している。

【トレンド記事】北朝鮮が米国ミサイル動画をパクリ

北朝鮮外務省の談話を報じた朝鮮中央通信の記事全文は次の通り。

【平壌5月31日発朝鮮中央通信】朝鮮外務省のスポークスマンは、米国が自国の対朝鮮政策が完全に破たんした今、その責任から逃れようとあらゆるあがきを弄していることに関連して30日、これを糾弾する談話を発表した。

最近、米国は日本、南朝鮮のかいらいと共に行った3者協議会で、まるで自分らは対話を願っているがわれわれが拒否しているかのように真実をわい曲し、世論をまどわそうと企んだ。