ロシアのイーゴリ・モルグロフ外務省アジア太平洋担当次官が26日(現地時間)、キム・ヒョンジュン駐ロ北朝鮮大使と会見したことをロシア外務省が明らかにした。ロシア外務省がマスコミ報道文で伝えた。

複数の韓国メディアによると、ロシア外務省は、「面談では(ロシアと北朝鮮)両者の関係、朝鮮半島の状況、いくつかの国際懸案などが議論された」と紹介した。

ロシア現地の専門家は、今月9日にモスクワで開かれた対独戦勝70周年記念式典に招待されていた金正恩第一書記が、最終的に欠席したことによって生じた朝ロ間の外交レベルでのしこりを解消し、今後も朝ロが緊密な関係を続けて発展させていくための問題が議論されたと見ている。

【トレンド記事】
米軍機26機を撃墜した「北の戦闘機乗りたち」
北朝鮮の恐怖政治が生み出した流行語 「モヤシ頭」とは?
北のミサイル潜水艦開発に「日本企業」の影
北朝鮮の「喜び組」に新証言…韓国テレビ「最高指導層の夜の奉仕は木蘭組」
【映像:単独入手】 北朝鮮で「生計型売春」が増加