北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議の日韓主席代表が26日、韓国ソウルで会合を開き北朝鮮情勢について意見を交わした。

会合には、日本からは伊原純一外務省アジア大洋州局長会議、韓国側から黄浚局(ファン・ジュングク)朝鮮半島平和交渉本部長が出席。27日には、米国側からのソン・キム北朝鮮政策担当特別代表を含めて日米韓の3カ国の主席代表会議を開く予定だ。

北朝鮮が、潜水艦ミサイル(SLBM)の発射実験など威嚇姿勢を強めるなか、日米韓三カ国で緊密に連携していくことを確認し、北朝鮮に圧力をかける狙いがあると見られる。

【関連記事】
北朝鮮の「新型ミサイル」「ステルス艇」に不吉な予感?
北朝鮮のミサイル開発は空軍のエジプト派遣から始まった
第4次中東戦争が勃発、北朝鮮空軍とイスラエルF4戦闘機の死闘
北朝鮮のミサイル潜水艦開発、「日本企業」の影
北朝鮮のミサイル潜水艦、自衛隊と対峙