人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

また、貯水池の水漏れ防ぐためのビニールが供給されず、住民たちが1人あたり数千ウォン(コメ1キロは5000ウォン≒75円)を集めて市場で自前で購入しなければならない。

住民は、「誰の口に入るかわからないコメのために、なんでこんな苦労をしなければならないのか」「全国の人々が動員されているのに収穫はこの有り様か」と国の農業政策を批判しているという。

韓国気象庁の統計によると、平壌の年間平均降水量は911.3ミリ、国境地帯の恵山(ヘサン)に至ってはわずか591.4ミリ。ソウルの1450.5ミリ、東京の1528.8ミリより少ない。北朝鮮の農業に必要なのは、素人を動員したその場しのぎの溜池ではなく、恒久的な灌漑設備だ。

【関連記事】
北朝鮮で「田植え戦闘」開始…生産性が上がらないワケ
北朝鮮の「耕作戦闘」開始…「まるで旧石器時代の農業」
水不足と電力不足に悩まされる内陸部の農民たち?
新たな頭痛の種 「忠誠の金時豆を上納せよ!」?
「田植え戦闘」の5月なんて大嫌い!?
地獄の田植え戦闘!

    関連記事