中国の北朝鮮レストランが、中国不況にもかかわらず健闘していると米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

2012年に行われた丹東の平壌高麗館のオープニングセレモニー
2012年に行われた丹東の平壌高麗館のオープニングセレモニー

中国の習近平政権は、汚職・腐敗を一掃する浄化運動を進め、百貨店や高級レストランなどの売り上げが減少。廃業する韓国レストランも多く、北朝鮮レストランも影響を受けた。

先日、丹東の「平壌高麗館」を訪れた朝鮮族のチョ氏によると、5階建ての建物で、客はわずか5組だった。

しかし、なぜか中国各地で北朝鮮レストランは、設備投資を増やしている。その裏には、ある事情があった。