箱根での巨頭会談

1973年9月21日、箱根の富士屋ホテル。その1室に、日韓政財界の超大物3人が顔を揃えた。

日本側からは時の首相・田中角栄と、その“刎頚の友”と言われた政商・小佐野賢治(国際興業グループ創業者)。そして大韓航空を擁する韓国の有力財閥・韓進(ハンジン)グループ総帥の趙重勲(チョ・ジュンフン)である。趙は、このところ話題の「ナッツ姫」の祖父に当たる人物だ。

Jo_Tanaka
韓進グループ総帥の趙重勲氏(左)と田中角栄元首相

会談の目的はただひとつ、日韓関係を揺るがせた「金大中(キム・デジュン)事件」の幕引きである。

軍事政権の手を逃れて日本に滞在中だった民主化の指導者、金大中を韓国中央情報部(KCIA)が白昼に拉致。違法に国外に連れ出したこの事件は、「日本に対する重大な主権侵害」に当たるとして轟々たる非難を呼んだ。

しかし、日韓国交正常化(1965年)による巨額のジャパンマネーの韓国流入を受け、両国間に巨大な開発利権が渦巻いていた時代である。経済的利益を優先したい政財界の首脳らは“手打ち”を急ぎ、韓国側の「密使」として趙重勲に白羽の矢が立ったのである。

それにしてもなぜ、趙重勲だったのか。それは彼が率いる財閥の“育ての親”が、小佐野賢治だったからに他ならない。

日本人から信頼

趙重勲は1920年2月、韓国・仁川(インチョン)に生まれた。18歳で海員養成所の機関課を卒業し、神戸の造船所での見習工を経て故郷でエンジンの修理工場の経営などに当たった。1945年に第2次大戦が終わり、朝鮮半島が日本から解放されると韓進商事を設立。トラック1台の運送会社で、社長自らハンドルを握った。

趙一族を知る在日大韓民国民団の関係者が言う。

「当時の運送屋は荷馬車が主体で、トラックは珍しかったそうです。彼はその車でソウルと仁川港の間を1日に何往復もして、半島から内地へ引き揚げる日本人の家財道具を運んだ。非常に手際がよく、当時から日本人の信頼は厚かったようです」

1950年から3年続いた朝鮮戦争の期間中、趙重勲はほかの多くの韓国人事業家と同様に苦難の時を過ごす。しかし、再起は早かった。韓進は1956年、駐韓米軍(第8軍)から物資輸送を請け負い、飛躍の土台を築いていく。

趙重勲は続いて、米戦略空軍のバス80台の払い下げを受け、ソウル―仁川間でバス路線を運行しようと計画した。当時の韓国で、国際港は仁川と釜山だけだった。ソウルに近い仁川は米軍関係者をはじめ人や物資の出入りが多く、バス事業がドル箱となるのは間違いなかった。

米軍ビジネスで結びつく

ところが、バスを買うのに必要な資金が集まらない。弱っていた趙重勲に、ある日本人が救いの手を差し伸べる。

「韓進と国際興業の関係というものは、私の方が、いまから7、8年前にあちらへ米国の第8軍が駐とんしておりましたときに、バスを私の方で軍の命令で120台ほど持っていったことがあります。そのときにいろいろの面で取引がありました」

1976年2月16日、衆院予算委員会にロッキード事件で証人喚問された際の小佐野の発言である。「7、8年前」という部分に事実との食い違いがあるが、韓国側の資料によれば小佐野は1961年、バス80台分の資金を趙重勲に用立てたのである。

趙重勲は次に、ベトナム戦争特需に目を付けた。韓国からベトナムに運ばれる米軍や韓国軍部隊の物資輸送を請け負えば、それまでとはケタ違いの利益が転がり込む。

ところが、またもや資金の問題が立ちはだかった。米軍と契約するには300万ドルの保証金を預託するとともに、数百万ドル分の装備類を自前で整えなければならない。当時の韓進にとって、このハードルは高かった。

そして、趙重勲はまたもや小佐野の支援を得て、この難題をクリアするのである。

「もちろん、小佐野氏にも思惑はありました。当時、小佐野氏は日本航空の個人筆頭株主でしたが、同社は日本の政治的事情からベトナムに物資や兵員を直接輸送することが許されなかった。そこで趙重勲氏と話をつけ、ベトナムに飛ぶ大韓航空に日航機をレンタルする形で特需をものにしたそうです」(前出・民団関係者)

それにしても、2人はいかにしてここまで密接な関係を結んだのか。

小佐野が韓進のバス事業に協力した1961年は、国交正常化より4年も前のことだ。

冷戦下での「熱戦」

いつ、どんなことがきっかけだったのか、具体的なことは詳らかでない。ただ、「米軍を介して知り合った」という趣旨のことは、当人たちも言っている。

もとより、小佐野も朝鮮戦争特需で伸びた人物だ。朝鮮戦争とベトナム戦争という冷戦下での「熱戦」に突入する過程で、米軍がその橋頭堡たる日韓において手足のように動く政商同士を結びつけたとしても、何ら不思議ではない。(敬称略=つづく

【連載-下-】田中角栄と「ナッツ姫」祖父が残した日韓政治の闇ー観光開発で揃い踏み

【連載】ー日韓国交50年ー
安倍首相一族の「在日人脈」と「金脈」
(上)地元・山口県と韓国にまたがる「王国」を築く
(中)派閥政治とパチンコマネー
(下)週刊誌が報じた「黒い交際」写真の真実

    関連記事