北朝鮮で、全国的に「ファストフード店」が広まりつつある。コーヒー、ピザ、ハンバーガーなどを販売するファストフード店は平壌にしか存在しなかったが、地方都市でも富裕層や若者が足を運ぶケースが増えているようだ。

平壌市内のピザ屋の様子
平壌市内のピザ屋の様子

咸鏡南道(ハムギョンナムド)のデイリーNK内部情報筋によると、北朝鮮第2の都市、咸興(ハムン)市の駅前広場周辺に、党や軍傘下の貿易会社が開いた「コーヒーショップ」「ハンバーガーショップ」などが新しくできているという。

【トレンド記事】
「社会主義資本家」とは…企業化する「砂ビジネス」の実態?
「黒いダイヤ」で外貨を稼げ!?