先述の情報筋は、最後に次のように述べた。

「これから、どれだけの幹部が処刑されるかわからないし、時限爆弾を抱え込んでいるようだ。国のことを心配する幹部を「忠誠心が足りない」と殺し、腹黒な部下奸臣ばかりを出世させる金正恩氏は『裸の王様』みたいだ」

「深化組事件では、徐?熙(ソ・グァンヒ)農業担当書記に『米国のスパイ』とレッテルを貼り処刑。その後も、徹底的に貶めるプロパガンダを大々的に行った。張成沢もそうだったが、玄永哲も貶められるだろう。こんな恐怖政治が続けば、反抗する人々が現れてもおかしくはない」(内部情報筋)

    関連記事