北朝鮮国内で、金正恩氏や政府を批判する落書きやビラが相次いで見つかっていると米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えている。

参考写真:サッカーを観戦する金正恩氏と李雪主夫人(本文とは関係ありません)
参考写真:サッカーを観戦する金正恩氏と李雪主夫人(本文とは関係ありません)

筆跡調査で落書き犯人探せ!

平壌在住のRFAの情報筋によると、ビラや落書きの背景には金正恩氏が「祖父譲りの残忍な人間」と言われ、評判が芳しくないことがあると指摘。落書き犯を捕まえたい北朝鮮当局は、「筆跡調査」まで行っているという。

「平壌では住民を対象にした筆跡調査が行われている。小学生から70代の老人まで住民のほぼ全てだ」

情報筋によると、筆跡調査は平壌から始まり、平壌近郊の平城(ピョンソン)や南浦(ナムポ)まで広がっている。

各地で相次ぐ金正恩氏を批判する落書き

4月の初めには、金日成総合大学の近所で次のような落書きが見つかった。

「金正恩政権は残忍な処刑を行っている」

「金正恩は父金正日より百倍ひどい人殺し」

さらに、今年2月、黄海北道(ファンヘブクト)の沙里院市のある区域党委員会の建物の壁に「米軍歓迎。お前ら(金正恩氏)は出て行け」という落書きが発見された。

当局は、犯人を捕まえるため、落書きされた場所に横断幕を設置。犯人をおびき寄せようとした。

そんなある日、突然、横断幕の影で動く人影が見えた。見張り要員は一斉に飛びかかった。ところが、そこにいたのは怯えた表情の4歳と6歳の女の子だった。両親が仕事を終えて出てくるのを待っていたが、寒くなったので横断幕の後ろで寒さをしのいでいたのだ。

落書き事件を見た北朝鮮住民のなかには、「金正恩に治められるなら米国の植民地になる方がまだマシだ」と極端な不満を口にする人も決して少なくないという。

「金正恩氏は若いから、何か新しいことをやってくれかもと期待したが、この3年間で裏切られた。もはや失望を越えて怒りしか感じない」(内部情報筋)

【関連記事】 残忍さを増す粛清現場を衛星画像が確認 

    関連記事