北朝鮮の労働新聞は11日、金正恩氏が第580軍部隊傘下の養魚場を視察した報道と合わせて「7月18日牛牧場」を現地指導したことを報じた。黄炳瑞(ファン・ビョンソ)氏が同行した。

7月18日牛工場を現地指導する金正恩氏/2015年5月11日付労働新聞より
7月18日牛工場を現地指導する金正恩氏/2015年5月11日付労働新聞より

同紙によると「7月18日牛牧場」金正日氏によって建設された大規模な畜産拠点であり、正日氏が名付けた「安辺牛(アンビョンソ)」を飼育している。

金正恩氏は、安辺牛について「飼料単位、増体率などにおいて経済的効率がたいへん高い優良品種だ」と述べて喜んだという。

7月18日牛工場を見て回る金正恩氏/2015年5月11日付労働新聞より
7月18日牛工場を見て回る金正恩氏/2015年5月11日付労働新聞より

 

7月18日牛工場を見て回る金正恩氏/2015年5月11日付労働新聞より
7月18日牛工場を見て回る金正恩氏/2015年5月11日付労働新聞より

【関連記事】?
米軍機26機を撃墜した「北の戦闘機乗りたち」
金正恩氏、養魚場を現地指導 「総書記の人民愛が生んだ結晶体」