韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮は9日の午後4時25分から5時23分までにかけて江原道(カンウォンド)元山市(ウォンサン)虎島(ホド)半島付近の海上から北東方向へむけて対艦ミサイル3発を発射したことを明らかにした。

NewAntishipMissile03
新型ミサイルを試射する北朝鮮海軍の艦艇/2015年2月7日付労働新聞より(参考写真)

合同参謀本部は、ミサイルについて「2月6日、金正恩第一書記の指揮で発射されたKN-01対艦型ミサイルのような種類」と推定している。

現段階で発射されたミサイルの詳細は不明だが、「2月6日に発射された新型対艦ミサイル(上記写真)」は、ロシア製の「3M24ウラン」と類似した形のミサイルであり、韓国海軍にとって大きな脅威になる可能性が指摘されていた。

北朝鮮は9日、潜水艦からの弾道ミサイル水中発射実験に成功したと大々的に報道したばかりのミサイル発射であり、その意図に注視される。

【関連記事】

href="https://dailynk.jp/archives/30544?krkj=btp" target="_blank">
北朝鮮の弾道ミサイル潜水艦開発に「日本企業」の影

href="https://dailynk.jp/archives/31946?krkj=btp" target="_blank">
北朝鮮版「ランボー」がたどった数奇な運命

href="https://dailynk.jp/archives/31913?krkj=btp" target="_blank">
米軍機26機を撃墜した「北の戦闘機乗りたち」

href="https://dailynk.jp/archives/37826?krkj=btp" target="_blank">
第4次中東戦争が勃発、北朝鮮空軍とイスラエルF4戦闘機の死闘

href="https://dailynk.jp/archives/904?krkj=btp" target="_blank">
北朝鮮空軍創建の主役リ・ファルは、日本の操縦士出身

href="https://dailynk.jp/archives/35044?krkj=btp" target="_blank">
北朝鮮の「新型ミサイル」「ステルス艇」に不吉な予感

    関連記事