北朝鮮の朝鮮中央通信によると、金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長は8日、ロシアのモスクワで開催される「対独戦勝70周年記念行事」に参加するために特別機で平壌を出発した。

金永南最高人民会議常任委員長
金永南最高人民会議常任委員長

式典に金正恩氏が出席する見込みとロシア側から伝えられていたが、先月30日にドミトリー・ペスコフ大統領報道官のコメントを通じて欠席が明らかにされ、外交デビューは先送りとなっ。

最高人民会議の楊亨燮(ヤン・ヒョンソプ)常任副委員長やマチェゴラ駐北ロシア大使が、金永南氏の出発を見送った。

【関連記事】 北朝鮮の「新型ミサイル」「ステルス艇」に不吉な予感

    関連記事